2004年12月12日(日)

Mana様、聞いてくださいよ。

11月27日(土)にセルシー大阪まで行ったんですよ。

Berryz工房の握手会があったもんですから。



Berryz工房自体はそんなに好きってわけじゃないんですよ。
ぶっちゃけ「恋の呪縛」しかCD持ってないし、それ以外の曲知りませんから。
そもそも「恋の呪縛」CDも、イベント参加券のために買ったようなものですし。
まあ、アレですよ。
子供の頃、おまけで付く玩具目当てにお菓子を買ってたのと同じ感覚ですよ。


Berryz工房ファンでもない自分が握手会に行ったのには、色々と理由がありまして。
Berryz工房を直に見たかったとか、握手会というものの雰囲気を味わいたかったとか。
まあ一番の理由は・・・

馴れ合いですかね。

特に女子高生達との

まあ、色々なテキストサイト管理人様達ともお話しましたが。

あ、余談ですけど私、こことは別にテキストサイト持ってますので。
ここでは晒しませんがw

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

東京や名古屋でのイベントでは、一部ファンのマナーが極めて悪かったらしく
色々なサイトで、苦言を呈していた方を多く見かけたのですが
大阪でのイベントはそんなこともなく、スムーズに進行していたように思います。

須藤茉麻が欠席していたのですが、イベント開始直前に発表するのはいかがなものかと。
確かに、Berryz工房は学業優先で活動しています。
だけども、学校行事の日程くらいは把握できるでしょう?
この点は、来年以降、ぜひとも改善して欲しいところでありますな。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

イベントの内容は、MCを織り交ぜたミニライブ(本編)+握手会
本編は「恋の呪縛(ショート)」→「ハピネス」→「恋の呪縛(フル)」だったかと。
私、扇子を持って「恋の呪縛」のフリに挑戦してみました。
ちょっぴり癖になりそうでしたw

このイベントで行動を共にしていた人達というのがですね
「ちっちゃいこ、だいすっきー」て感じの人達でして。
ちなみに私は、Berryz工房メンバーに限っていえば“でっかいこ”の方が好きでして。
まあ、熊井友理奈・菅谷梨沙子・須藤茉麻あたりですな。
Berryz工房では、夏焼雅や嗣永桃子が人気らしいのですが、私にはよくわかりませんw

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

で、握手会。
順番は、徳永千奈美→石村舞波→嗣永桃子→菅谷梨沙子→夏焼雅→熊井友理奈→清水佐紀
ここは菅谷梨沙子・熊井友理奈に時間をかけたいところ

ところが・・・

私の前にいたのが、嗣永桃子ヲタの女子高生(制服)だったんですが
彼女、嗣永桃子の番で結構粘ってたんですよ。
たぶんその所為でしょうね。
握手時間が加速度的に短縮していくという・・・(苦笑)

でもアレですな、Berryz工房メンバーも大変ですよ。
レッスンやらコンサートやらイベントやらで休日返上なんですから。
そんなメンバー達を見ると、何か一言声をかけてあげずにはいられなくなるんですよ。
だから、握手しながらメンバー1人1人に一言ずつ声をかけたんですよ。
まあ、夏焼雅に対しては「よっ」としか言いませんでしたが(爆)
・・・いや、だって、夏焼雅の次が熊井友理奈でしたからねw
(それに、夏焼雅は人気者ですからね、私が応援の言葉をかけずともよいのです。)

で、やっと熊井友理奈と握手できたんですけどね・・・

熊井友理奈にだけは何も言えなかったんですよ。

あまりに高速握手すぎて!(苦笑)

冷静に考えてみると、熊井友理奈との握手時間が一番短かったような・・・(苦笑)
(ちなみに、一番長く握手したのは石村舞波でしたw)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まあ、推しメンとの握手ともなれば、なるべく時間をかけたいと思うのは当然のこと。
とはいえ、それによって自分より後ろの人達にいかなる影響が出るのかくらい考えてほしいですな。
そのあたりのバランスが難しいのは承知しているつもりなんですけどね(苦笑)

折角の機会がああいう形で終わってしまったことに、私は愚痴らずにいられないんですよ(爆)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

そんなわけでMana様
私から貴重な時間を奪った嗣永桃子ヲタの女子高生(制服)
高速握手の元凶でもある係員にオシオキして下さい。



Back