2004年12月26日(日)

Mana様、聞いてくださいよ。

今日、NKホールでFOOL'S MATE(ヴィジュアル系バンド雑誌)主催の祭りがあったみたいで。
「Beauti-fool's Fest 04」ていうやつらしいですけど。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

出演バンド

Plastic Tree   Psycho le Cemu   ムック   メリー   蜉蝣   kagrra,
ガゼット   Kra   シド   Phantsmagoria   Rentrer en soi   KLACK

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

私、FOOL'S MATEは結構立ち読みするので、半分くらいなら知ってます。
といっても、Psycho le Cemuしか聴いたことないですが。。。
まあ、一般人に知られているのもPsycho le Cemuくらいでしょう・・・


ちなみに、去年はPink Hallelujahというヴィジュアル系バンドも出てました。
「はねるのトびら」のコント中に登場する、あのバンドですw
当然、メンバー自身はまったく演奏してませんがw

私は、そんなPink Hallelujahが大好きです!w
Pink Hallelujahのコピーバンドやってみたいと思っていますw

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、本題に。

「Beauti-fool's Fest 04」の最中に事件が起こったらしいのです。


どうも、KLACKというバンドがパフォーマンスの一環で


香田証生さんの殺害映像を流すという暴挙に出たというのです。


こんなことを平然とやってのけたKLACKとはいかなるバンドか?

わかっている限り晒し上げてみようと思う。(一部参照:こちら

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

KLACKのメンバー

Vocal:u
原宿の有名人、一応ボーカリスト
メンバーの母親をババアと呼ぶなど暴言癖がある。

Guitar:柳橋昌亜
親にジャニーズに入れられかけたというスネに傷を持つ男

Guitar:神谷聖也
実家が金持ちとの噂があるギタリスト、但し本人はもちろん金が無い
自身の車が三菱製である事が現在の心配事

Bass:烈
寡黙なベーシスト。夜の街を一人徘徊しているとの噂有り
得意技は火の鳥

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

KLACKの軌跡

03年 母親にジャニーズに入れられそうになった昌亜が
   モデルでもあり原宿の遊び仲間の間で有名だった服屋の店員uと
   地元の金持ちの息子聖也、遊び仲間の烈を誘いバンド活動を始める。

04年 uがTVでセミが死ぬ瞬間を見て突然「クソして寝るだけの人生はやめた」と目覚め
   かつて名乗っていた無意味なバンド名を捨て「KLACK」と名乗り本格的な活動を始める。

 4月 北朝鮮にてFIRST SINGLEのジャケット撮影を行うが失敗

 7月10日 渋谷のSMクラブにて「Khmer Rouge」と題した2会場同時多発2nd GIGを決行

 7月21日 初のライブイベント「TRIVAL ARIVALL Vol.82」(渋谷O-WEST)に参加

 7月28日 1st Maxi Single「INTIFADA 2004」リリース
      新星堂インディーズ・チャートで初登場1位!!!総合シングル・チャートで11位を獲得!!!

 11月17日 1st DVD「TERRORISM OF RED PISS」リリース
      ここに収録された北朝鮮渡航時の映像が話題となり、11月21日付けの
      「東京スポーツ」紙上にて「問題DVD」として取り上げられ、各方面からクレームが殺到

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

KLACK語録

烈 「普通じゃない。他のバンドとはまったく違う価値観で」
昌亜 「だって学もねーし、高橋尚子みたく走れる訳でもねーし」
聖也 「俺らなんにもねーじゃん」
聖也 「音楽って手順がいるよね。例えば3歳からピアノやってまーすとかさ」
昌亜 「どうやるか?ってのが音楽で、何故やるか?ってのがロック。」
u 「演奏とかは、関係ねーから」
聖也 「ロックにまとももクソもねーよ」
u 「もう辞めたし関係ないよ」
昌亜 「ようは心の叫び」
u 「パクッてやろうと思ったんだけど、バレた」
昌亜 「エンターテイメントって「お客さんに合わせマース」って感じでしょ?
    だから全然やってる意思も意味もないじゃん」
u 「歌とダンス、笑顔でお遊戯、どれも本当にクソ」
u 「聖也んちのババアの歯ブラシ以下」
聖也 「エンターテイメントって言葉嫌いなんだよな」
u 「曲がねーんだよな」

(1st Singleの撮影の為、北朝鮮に行ったが失敗した件に関して)
u 「警察が来たのは予定外だけど」
聖也 「去年死んだ友達です」
烈 「反戦団体と思われたらダサいじゃん」
聖也 「自己責任!」
聖也 「キュアの編集部の人を拉致って連れていきました」
昌亜 「世界で一番抑圧されてる場所でジャケット写真を撮りたかった」
聖也 「別に俺一人だろうが、ヤバタ君だろうが」
昌亜 「使わなくてもいいんです。行った事に意味があるから」

(シングルのジャケットに関連したイラク人質事件に関して)
昌亜 「あの事件ってヤラセなんでしょ。あの女って犯人に犯られてんじゃないの?
    いや「犯人と出来てる」って言う方が正解か?」
聖也 「出てこないしねー。でも美少年好きらしいよ。15歳くらいの。
    俺キスしてる写真みたよ。イラクの少年と。しかも口と口。目つぶったりしてさ。」
u 「あいつ聖也ん家のババアみたいな顔してるんだよね。」
u 「ところでイラクってどこなの?」

(KLACKの演奏、歌がヘタクソな件に関して)
烈 「上手くなって誉められるってのは声楽家とかピアノ弾きとかでしょ。
   声楽家なんて歌が上手いだけだし、ピアノなんて俺らの言うロックには何の役にも立たない。」
聖也 「第一ロックバンドにはピアノも声楽も「オカマ」くさくて価値ないじゃん。」
聖也 「せっかく間違えたんだから直すのもったいないんで」
u  「“世界で一番下手なボーカル”って言われるのが俺にとってのプライド。
   一番下手なボーカリストになったら勲章じゃん。」
昌亜 「それよりも反戦団体からたくさん来るんですよクレームが。」
昌亜 「聖也の車レッカー移動されたんだよね。」
聖也 「三菱と反戦団体のせいだよ。」
烈 「回転扉はデストロイだろ?」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まあ、アレですよ。

歌も演奏もダメだから、インパクト勝負でヴぁかなことやってるだけ。

どんなことでも平然とやってのけてるのは、勇気ある挑戦ではなく無知ゆえの無鉄砲さ。

早い話が、救いようのないDQNってことですな(藁


綴りも分からずに「Crack」を「Klack」だと思って付けたらしいし・・・w


まあ、音源も聴かずに評価するのもどうかと思い、KLACKの曲を試聴してみたんですが・・・


なんじゃあこりゃあ(pgr


これはひどいな、おいっ!w

過激なパフォーマンスで客寄せするしかないのも当然(ry


まあ、あの動画を流したことで、2chではちょっとした祭り(?)になったようで。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ヴィジュアル系バンド「KLACK」が、自らのライブでイラクで人質とされ殺害された
香田さんの殺害映像を流すという非人道的、非道徳的行為を行った。
我々はこのような人の死を弄ぶ行為を断固許すわけにはいかない。
今日0時にこのバンド「KLACK」のHPを攻撃したい。
同意できる人は是非協力してほしい。
殺害された香田さんの死を弄ぶなんて絶対許せない。

砲撃対象URL:http://www.klack.ne.jp/(「KLACK」ウェブサイト)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

BBS(http://8725.teacup.com/klack/bbs)は大変なことになってましたがね。

まあ、いくつかログ取ってたんで、見たい人だけどうぞ→こちら


まあ、評価に値しないバンドであることはよくわかりました。

結局、今回の件はほとんど取り上げられてませんしねえ。

所詮、KLACKはその程度のものだったということですね。

音に対する追求やコンセプトが無いバンドが大成するはずないんですよ。

こういう一部の心無い連中のせいで、ヴィジュアル系全体がダメだとは思われたくないなあ・・・


まあ、Mana様には関係ないと思いますが。


最近、勘違いしているバンドが多いような気がするのは、私だけですかねえ?(謎)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

そんなわけでMana様
史上最低アイタタバンドKLACKのメンバー達にオシオキして下さい。



Back